FC2ブログ
ページ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月にHOUSECO建築家と出会う場所に登録し、4月から奈良県の同じ市内に住まわれている奥田建築設計事務所一級建築士奥田喜弘様に設計を依頼しました。住宅ローンの関係で6月29日に工事請負の契約をしていましたが、土地の引渡が7月29日に無事終わり、8月からようやく着工することとなりました。
私達の家づくりについて書いていきます。
スポンサーサイト
地鎮祭準備のため、洗い米(米を研いでおいた物)を1合用意しました。
友引の午前中で日程を決めた地鎮祭のため、洗い米、塩、紙コップ、紙皿を用意して、建築予定地に行きました。現場監督さんが既に来ていて、机に施工業者さんと設計者さんから奉献酒を日本酒1升瓶を2本抱きで2組お備えしてありました。家の形に合わせて、地縄が張られていて、草も刈っておいてくれたみたいです。現場監督さんが塩を紙皿に盛り、米は器に入れたまま、机に置き、準備完了。その後、建築士の奥田さん、施工業者の営業部長さんが集まりました。
私達は神主さんなどにお願いするのではなく、簡略的な地鎮祭ということで、現場監督さんを進行役に進めました。全員で合わせて、二礼二拍手一礼。その後、夫が米、私が塩、奥田さんが日本酒を持って、北東、北西、南西、南東、中央の順で各々が四隅に3回まき、一礼しました。最後に、紙コップに日本酒を入れ、全員でいただき、地鎮祭は無事終了しました。
地鎮祭の後はご近所さんへの挨拶回り。現場監督さんが地縄張りなどで作業されていたら、ご近所の方と話されたこともあったそうで、向かいの1軒を除いて、挨拶できました。
午後から、建築士の奥田さんと実施設計図面を見ながら、打合せをしました。
今日夕方見に行くと、仮設電気ポールを建っていました。まだ電線は引き込まれていませんが、準備が着々と進んでいて、びっくりしています。
実施設計書類をもう少し早く受け取るはずが、建築士の奥田さんに細かい追加を依頼したため、今日になってしまいました。ご迷惑をかけてばかりで反省しています。 
図面を見るとこれまで約4ヶ月打ち合わせしてきた内容が網羅されていて、いよいよ形が作られていくのかと思うとドキドキします。
ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。